子供を天才にしたい

子供を天才にしたい、と思ったときに見るページです

子供を天才にする方法を調べてまとめました

子供を天才にしたい!と思ったときに、親はどんなことをしたらいいのか?調べてまとめました。

なお、子供の対象年齢は小学生以下を想定しています。中学生より上は勉強法とか、効率的な学習法とか、そういった方法がメインになってくるのでこのページでは扱っていませんm(_ _)m

子供を天才にするのにできるだけ手軽で、効果が確実と思われるものから紹介していきます。

幼児教室で子供を天才にする

もし子供が小学校入学前ならかなり効果的な方法だと思います。子供が小さいうちほど幼児教室でIQを高めやすく天才になれる可能性が高いからです。

幼児教室とは?

幼児教育ではいわゆる「おべんきょう」をするのではなく知育玩具などを使って遊ぶレッスンが主体です。(フラッシュカードと言われる独特な教材も使ったり)

もちろんただ遊ぶのではなく、ちゃんと子供の脳の発達状況に合わせた適切な遊びです。それによって子供の頭がよくなり知的好奇心を育ててくれます。

知的好奇心が高いと「なぜ?なぜ?」と自ら興味を持ってあれこれ学ぶようになるので将来の知能の伸びしろも多くなります。

天才を目指すなら「知能教育系」

幼児教室にはまんべんなくいろいろなことを学べる「総合教育系」とより知能を伸ばすことに特化した「知能教育系」があります。

知能教育系の方が値段は1.5倍くらいしますが、やはり効果がそれだけ高いため都市部では総合教育系より知能教育系の方が人気が高いです。天才を目指すなら知能教育系になります。

おすすめの幼児教室

ここの幼児教室は2年以上通った子供の平均IQが150以上というたしかな実績があるのでおすすめです。(一般的なIQの平均は100です)

ベビーパーク

月謝14,000円/月

全国の主に都市部に出店している最近人気の高い幼児教室。
お母さんに「叱らない育児法」を教えてくれるのも特徴です。対象年齢は0~3歳まで。

 

また、同じ運営元が3~8歳の対象の幼児教室も運営しています。それがここのキッズアカデミーで

キッズアカデミー

月謝14,500円/月

ベビーパークほど劇的ではありませんが、ここもかなりのIQアップ実績があります。(2年間通った子供の平均IQが20点以上アップしている)

 

まとめると

・ちゃんとした実績があり

・子供を通わせるだけで子供の頭を良くしてくれる

・より良い育児法も学べる

 

ので「子供を天才にする方法」としては最も手軽で効果が高いと言えます。ただしもちろん月謝はかかります。

知育玩具で子供を天才にする

天才児や天才が話題になるたびにTVで

「天才の○○さんは子供の頃○○という知育玩具で遊んでいた!」

とか話題になることが多いですよね。最近の例だと棋士の藤井聡太さん。(天才中学生棋士といわれた人)

藤井聡太さんが子供の頃に遊んでいた知育玩具はこれです

 

そのほか、定番の知育玩具といえばレゴなんかが有名

私の小学校の時の友達で医者になった頭のいい子がいますが、その子の家に小学生のときに遊びにいったとき、「レゴ」が沢山あったのを覚えています笑

知育玩具の効果

ただ天才が小さい頃に知育玩具で遊んでいたからといって、その知育玩具で遊べば天才にに一歩近づく、とは限りません。

極論言えば超天才の両親から生まれた子供は、知育玩具で遊ぼうが泥団子で遊ぼうが、やがて天才になるでしょし。


この例でいえば、天才になる要因は知育玩具の他にあった(今回の例だと遺伝)のに、天才が子供の頃に知育玩具で遊んでいたので周りの人が「知育玩具が天才になるための条件なんだ!」と誤解した、という現象です。


とはいえ知育玩具は普通のおもちゃにくらべて工夫したり、発送をふくらませる余地があるのでやっぱり普通のおもちゃを買い与えるよりかは知育玩具のほうがいいと思います。

知育玩具は工夫の余地がある=飽きづらい

ので新しいおもちゃをねだられる回数も少しは減るはず・・笑

育て方を見直して子供を天才にする

天才を育てるには効果的たけどなかなかすぐに切り替えるのは難しいのが「子供の接し方、育て方を見直す」という方法。いいとされている育て方は・・・

 

・子供を過保護にしすぎず、いろいろな経験をさせてあげる

・子供が興味を持ったことはとことんやらせてみる(親にとってはお金の後押しが必要)

・子供の「なぜ?」という疑問にもちゃんと答える

・子供の能力ではなく努力を褒める。

・失敗を叱らず、リスクを取ることをよしとする。

・子供の学習ペースが早いなら、それに合わせてたクラスに変えてあげる(いわゆる飛び級。主に幼児教室や塾などで。周りのペースがおそすぎると子供はやる気を無くすため)

 

といった事がよく言われます。
手間ですが1~2冊くらい本を買って勉強するのもいいかと思います。

DHAを摂取して天才な子供の下地をつくる

DHAと頭の良さについて100%因果関係が証明されたわけではないですが・・・

人間の脳にはDHAが大量に含まれている
=脳が急激に成長する時期(~8才まで)には特に必要になる

と言えるかと思います。
いわば天才になるための下地(脳)づくりですね。

「脳の発達に必要なDHA」が不足したまま育つと不完全な脳になりそうですし。
ちなみにDHAは体内では合成できません。

1日に必要なDHAの量は、魚料理が1品あれば補えます。
魚料理がない日や、子供が魚嫌いという場合はにこういうサプリで補う方法もあります。

 
【みんなのみかたDHA】

子供でも飲みやすいジュースタイプ

子供を天才にする方法まとめ

まとめると子供を天才にしたい場合にできることは

・幼児教室
・知育玩具
・育て方・接し方を変える
・DHAの摂取

といった方法があります。各種ある「子供を天才にする方法」も、結局はこの4つどれかに分類できるはず。


中でも幼児教室は

・IQが上がる実績がある(ところもある)
・育て方も教えてくれる(ところもある)
・レッスンで知育玩具にふれる
・基本的に教材である知育玩具は持って帰って家でも使える

といったメリットがあり子供が天才になる多くの要因をカバーしています。なので子供が対象年齢ならばおすすめです。

良さそうだと思った幼児教室はこちら